エージェントでネイティブアプリ開発案件をゲット

今始めるなら「ネイティブアプリ開発」

アプリ開発で稼げる!

Androidアプリの開発フロー Androidアプリの開発フロー

効率よく案件を確保するならエージェント

Pocket

エンジニアの現状

スマホやタブレットなどの利用が増えれば、自然とネイティブアプリ開発に携わるエンジニアの需要も多くなります。パソコンが家庭に普及しはじめてから、インターネットの利用は一気に一般的になりましたが、スマホが登場してからその勢いがさらに加速していったことは多くの人が実感していることでしょう。そのため、様々な企業がネイティブアプリ開発を積極的に取り入れるようになりましたが、ここで問題になっているのがエンジニアの確保です。
近年、エンジニアは全般的に売り手市場となっていて、企業はネイティブアプリ開発が可能なエンジニアを探しているので、経験を積んだエンジニアは給料のアップやキャリアアップが望める環境を選びやすいのが今の状況です。そのような中で独立を考えるエンジニアも多く、フリーランスとしてネイティブアプリ開発に携わる道を選ぶエンジニアも多くなっています。フリーランスのエンジニアの中には、仕事を探すために自分で営業するのではなく、専門のエージェントを上手に活用して効率良く報酬を得ている人も少なくありません。

エージェントの活用

フリーランス専門のエージェントには、様々な企業のプロジェクト案件の求人情報が数多く寄せられていて、サイト上で公開されている案件の他に、条件の良い非公開案件なども持っています。エージェントは、ただ単に企業から案件を預かるだけでなく、企業の要望や社内の状況などを把握し、最適のマッチングを行うための基盤作りもしています。そのような点は、間にエージェントが入らずマッチングの場のみを提供しているクラウドソーシングなどと大きく違う点です。
エージェントを利用するエンジニアは、それぞれの持っているスキルや経験、希望の条件などを最初にエージェントに伝えます。すると、エージェントがエンジニア本人に代わって企業に営業をかけてくれるので、エンジニアが直接企業に自分を売り込む必要がありません。もしもそれらを1人で全て行う場合、仕事を取ってくるためには営業が欠かせませんが、営業ばかりしていると仕事をする時間がその分減ってしまい、なかなか収入を安定させられないという悪循環が起きかねません。しかし、エージェントを活用すれば、営業や交渉は全て任せて自分の仕事に集中することができるので、安定的に仕事をすることも可能になります。
フリーランスの単価はエンジニアのスキルや経験によって幅がありますが、報酬についての交渉もエージェントの方が行うので、個人が交渉するよりも高い報酬額での契約になりやすいというメリットがあります。その他にも、キャリアサポートや福利厚生などを受けられるシステムがあってとても便利です。

新着情報

  • 高額所得者は3%もいる

    ネイティブアプリ開発に関心を持っている人の多くは、アプリ開発で多額の収益を得ている高額所得者など本当にいるのだろうかと考えるかもしれませんが、確実にそのような人は存在しています。しかし、収入と呼べるほどのものにはならないという人が少なからず存在することも事実です。では、高額所得を得ているアプリ開発者は実際どの程度いるのでしょうか。また、有料アプリと広告付きの無料アプリではどちらが多く稼げるのでしょうか。

    続きへ
  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリは、ネイティブアプリ開発の中でも費用がほとんどかからないので気軽にチャレンジすることができます。開発にあたって使用するパソコンも種類を選ばないので、環境を整えやすいというのも魅力です。開発やテストにあたっては、便利なツールなどを活用すれば初心者でもいろいろな機能を持たせたアプリにすることも可能なので、最初にしっかりとした企画を立てて、ステップをひとつずつクリアしていきましょう。

    続きへ
  • iPhoneアプリの開発フロー

    Apple社のモバイル端末として有名なiPhoneは、日本国内での人気がとても高いので、アプリの利用者もたくさんいます。アプリ開発にはAppleから専用の環境をダウンロードしたり、有料のプログラムを購入したりする必要があるので、ネイティブアプリ開発の中では初期費用がかかりますが、収益化して一攫千金を狙うならiPhoneアプリ開発がおすすめです。では、iPhoneアプリ開発フローとは具体的にどのようなものでしょうか。

    続きへ

こちらの記事もおすすめです!

  • スマホ普及率による将来性

    スマホが幅広く普及しているということは、一歩街に出れば一目でわかる事実です。スマホをどのように利用するかは人によっていろいろですが、必ず何らかのアプリを使用しています。このように、短い期間のうちにあっという間に普及したスマホなどの端末に対応するネイティブアプリ開発は、今後さらに多くのことが求められるようになっていくことが予想されるため、ITエンジニアにとっては将来性のある分野と言えます。

    続きへ
  • 案件のトレンドをチェック

    エンジニアの需要が常に多いネイティブアプリ開発を手がけるフリーランスのエンジニアにとって、業界のトレンドの流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要です。日本国内ではiOSとAndroidの2つが圧倒的な強さで高いシェア率をキープしています。アプリ開発の内容としては、ゲームやSNSなどが中心であることは今も変わりませんが、注目すべき点としては、IoTに関係する案件も増加しはじめているということです。

    続きへ
  • 効率よく案件を確保するならエージェント

    IT業界では、様々な企業において人材が不足している状況で、フリーランスのエンジニアが数多く求められているという現状があります。一方で、フリーランスとして十分通用するだけの知識や技術があるエンジニアだったとしても、営業や交渉に抵抗があって一歩踏み出せないということがあります。そんな問題を一気に解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの営業から案件参画までフルサポートしてくれるエージェントの存在です。

    続きへ