ネイティブアプリ開発で一攫千金!3%は高額所得者

今始めるなら「ネイティブアプリ開発」

アプリ開発で稼げる!

経験者は引く手あまた 経験者は引く手あまた

高額所得者は3%もいる

Pocket

アプリ開発で一攫千金は可能か

スマホやタブレットでインターネットを使う利用者が増加していますが、使われているアプリのほとんどはネイティブアプリと呼ばれるものです。アプリを公開することによって、広告やアプリそのものを有料で販売するなどして収益を得ることができます。実際、ネイティブアプリ開発をしている人は、それで給料をもらったり事業を行ったりしています。しかし、アプリ開発で本当に多額の収入を得ることができるのだろうかと疑問に思う人も少なくありません。では、実際にアプリ開発者達はどのぐらい収益を出しているのでしょうか。

高額所得者は3%

1万人のアプリ開発者に対して行われた調査によると、アプリ開発によって1カ月に10万ドル以上の収益がある開発者はその中で3%いることがわかっています。10万ドルというと、単純に1ドル100円で考えれば1,000万円にもなります。アプリ開発で年間1億円を超える収益を出している開発者が、この調査の対象者だけでも300人いるということになります。しかし、一方で全く収益がないか、あったとしてもわずかという人が半数近くいることも事実で、アプリ開発をすれば誰でも平均的に収益を出せるわけではないことは確かです。では、なぜこれほどまでに収益の落差が激しいのでしょうか。

iOSとAndroidの違い

代表的なネイティブアプリはiOSとAndroidです。この2つはアプリ開発の方法が違いますが、収益の傾向にも違いがあります。iOSの場合、広告よりも有料アプリの収益が多く、Androidの場合は有料アプリよりも広告の収益が多いという傾向があります。iOSとAndroidのシェアの状況は、iPhoneやiPadなどの人気が高い日本だけで見るとiOSのシェア率が高いようにも思えますが、世界規模で見てみるとAndroidが全体の80%以上と圧倒的なシェアを広げていて、iOSに至ってはわずか10%ちょっとです。それほどの差があるにもかかわらず、1カ月に高額の収益を出しているのはiOSの方で、Androidの倍ほどの割合です。もし単純にシェアの割合だけで考えれば、Androidの収益が圧倒的に多くてもおかしくないのですが、iOSの方が少ないシェアでも確実に収益を出すことができているのです。
iOSのアプリは、Androidとは違ってアプリの公開までにAppleの審査を通過しなければならないので、セキュリティ面や品質などでiOSの方が全体的に安定しています。Androidにも高品質のアプリはたくさんありますが、アプリ公開のハードルが低いので、様々な品質の無料アプリが数多く出回っているのも事実です。それらのことも収益の傾向の違いに影響していると考えられます。

新着情報

  • 高額所得者は3%もいる

    ネイティブアプリ開発に関心を持っている人の多くは、アプリ開発で多額の収益を得ている高額所得者など本当にいるのだろうかと考えるかもしれませんが、確実にそのような人は存在しています。しかし、収入と呼べるほどのものにはならないという人が少なからず存在することも事実です。では、高額所得を得ているアプリ開発者は実際どの程度いるのでしょうか。また、有料アプリと広告付きの無料アプリではどちらが多く稼げるのでしょうか。

    続きへ
  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリは、ネイティブアプリ開発の中でも費用がほとんどかからないので気軽にチャレンジすることができます。開発にあたって使用するパソコンも種類を選ばないので、環境を整えやすいというのも魅力です。開発やテストにあたっては、便利なツールなどを活用すれば初心者でもいろいろな機能を持たせたアプリにすることも可能なので、最初にしっかりとした企画を立てて、ステップをひとつずつクリアしていきましょう。

    続きへ
  • iPhoneアプリの開発フロー

    Apple社のモバイル端末として有名なiPhoneは、日本国内での人気がとても高いので、アプリの利用者もたくさんいます。アプリ開発にはAppleから専用の環境をダウンロードしたり、有料のプログラムを購入したりする必要があるので、ネイティブアプリ開発の中では初期費用がかかりますが、収益化して一攫千金を狙うならiPhoneアプリ開発がおすすめです。では、iPhoneアプリ開発フローとは具体的にどのようなものでしょうか。

    続きへ

こちらの記事もおすすめです!

  • スマホ普及率による将来性

    スマホが幅広く普及しているということは、一歩街に出れば一目でわかる事実です。スマホをどのように利用するかは人によっていろいろですが、必ず何らかのアプリを使用しています。このように、短い期間のうちにあっという間に普及したスマホなどの端末に対応するネイティブアプリ開発は、今後さらに多くのことが求められるようになっていくことが予想されるため、ITエンジニアにとっては将来性のある分野と言えます。

    続きへ
  • 案件のトレンドをチェック

    エンジニアの需要が常に多いネイティブアプリ開発を手がけるフリーランスのエンジニアにとって、業界のトレンドの流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要です。日本国内ではiOSとAndroidの2つが圧倒的な強さで高いシェア率をキープしています。アプリ開発の内容としては、ゲームやSNSなどが中心であることは今も変わりませんが、注目すべき点としては、IoTに関係する案件も増加しはじめているということです。

    続きへ
  • 効率よく案件を確保するならエージェント

    IT業界では、様々な企業において人材が不足している状況で、フリーランスのエンジニアが数多く求められているという現状があります。一方で、フリーランスとして十分通用するだけの知識や技術があるエンジニアだったとしても、営業や交渉に抵抗があって一歩踏み出せないということがあります。そんな問題を一気に解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの営業から案件参画までフルサポートしてくれるエージェントの存在です。

    続きへ