ネイティブアプリ開発で一攫千金!広告収入も!

今始めるなら「ネイティブアプリ開発」

アプリ開発で稼げる!

Androidアプリの開発フロー Androidアプリの開発フロー

広告収入でも稼げる

Pocket

広告収入ならAndroidアプリ

スマホが普及しはじめてから、アプリの広告収入で一攫千金という話も聞こえてくるようになりました。毎日地道に働いて給料をもらう生活も決して悪くはありませんが、できることならアプリで稼いでみたいという好奇心も捨てきれないという人は多いのではないでしょうか。iOSやAndroidなどのネイティブアプリ開発は、知識と技術さえあれば誰でも参入することができます。特に、パソコン環境さえあればほとんどお金をかけずにアプリを開発することができるAndroidは、ストアへのアプリ公開へのハードルも高くないので初めてのアプリ開発にもおすすめです。

アプリ広告の仕組み

Android端末を利用したことがある人であれば、ゲームやツールなどの無料アプリをダウンロードしたことがあるかもしれません。無料のアプリを開くと、コンテンツの中に広告が表示されていて、クリックすると広告ページに移動するような仕組みになっています。そのような広告の表示は、端末のアプリだけでなくWebサイトのコンテンツ上でも頻繁に見かけるものですが、アプリやサイトを開くたびに広告は別のものに変化していくことにすぐ気づくはずです。これは、アプリ開発者が広告を選んで表示させているのではなく、アドネットワークのプログラムをアプリに組み込んで広告とつなぐことによって表示されるようになっているからです。Android向けのアプリには、そのような広告を表示させている無料アプリがたくさんあります。

広告収入はどのように決まるのか

アプリに表示されている広告がクリックされると、1クリックに対して0.01ドルから0.03ドルの収入になります。1番安い0.01ドルの単価であれば、100回クリックされて1ドルになるという計算です。そのようにして考えるとかなり少ない報酬にも見えますが、アプリをダウンロードした人が何度もそのアプリを開く機会があれば、それだけ広告がクリックされる確率も高くなります。Webコンテンツの場合、同じページを毎日何度も見るということはあまりないので、常に新しいコンテンツを増やし続けてページを見てもらう努力をする必要がありますが、アプリの場合は完成すればあとは保守するだけなので、ダウンロード数が増えてくれるのを待つのみです。広告収入の金額はダウンロード数によって変動する仕組みになっていて、5万ダウンロードで5万円、50万ダウンロードになると200万円ぐらいになるのが大まかな相場です。もちろん、それだけの魅力あるアプリを開発することが大前提ですが、ユーザーに喜んでもらえるようなアプリを開発することさえできれば、一攫千金も夢の話ではありません。

新着情報

  • 高額所得者は3%もいる

    ネイティブアプリ開発に関心を持っている人の多くは、アプリ開発で多額の収益を得ている高額所得者など本当にいるのだろうかと考えるかもしれませんが、確実にそのような人は存在しています。しかし、収入と呼べるほどのものにはならないという人が少なからず存在することも事実です。では、高額所得を得ているアプリ開発者は実際どの程度いるのでしょうか。また、有料アプリと広告付きの無料アプリではどちらが多く稼げるのでしょうか。

    続きへ
  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリは、ネイティブアプリ開発の中でも費用がほとんどかからないので気軽にチャレンジすることができます。開発にあたって使用するパソコンも種類を選ばないので、環境を整えやすいというのも魅力です。開発やテストにあたっては、便利なツールなどを活用すれば初心者でもいろいろな機能を持たせたアプリにすることも可能なので、最初にしっかりとした企画を立てて、ステップをひとつずつクリアしていきましょう。

    続きへ
  • iPhoneアプリの開発フロー

    Apple社のモバイル端末として有名なiPhoneは、日本国内での人気がとても高いので、アプリの利用者もたくさんいます。アプリ開発にはAppleから専用の環境をダウンロードしたり、有料のプログラムを購入したりする必要があるので、ネイティブアプリ開発の中では初期費用がかかりますが、収益化して一攫千金を狙うならiPhoneアプリ開発がおすすめです。では、iPhoneアプリ開発フローとは具体的にどのようなものでしょうか。

    続きへ

こちらの記事もおすすめです!

  • スマホ普及率による将来性

    スマホが幅広く普及しているということは、一歩街に出れば一目でわかる事実です。スマホをどのように利用するかは人によっていろいろですが、必ず何らかのアプリを使用しています。このように、短い期間のうちにあっという間に普及したスマホなどの端末に対応するネイティブアプリ開発は、今後さらに多くのことが求められるようになっていくことが予想されるため、ITエンジニアにとっては将来性のある分野と言えます。

    続きへ
  • 案件のトレンドをチェック

    エンジニアの需要が常に多いネイティブアプリ開発を手がけるフリーランスのエンジニアにとって、業界のトレンドの流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要です。日本国内ではiOSとAndroidの2つが圧倒的な強さで高いシェア率をキープしています。アプリ開発の内容としては、ゲームやSNSなどが中心であることは今も変わりませんが、注目すべき点としては、IoTに関係する案件も増加しはじめているということです。

    続きへ
  • 効率よく案件を確保するならエージェント

    IT業界では、様々な企業において人材が不足している状況で、フリーランスのエンジニアが数多く求められているという現状があります。一方で、フリーランスとして十分通用するだけの知識や技術があるエンジニアだったとしても、営業や交渉に抵抗があって一歩踏み出せないということがあります。そんな問題を一気に解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの営業から案件参画までフルサポートしてくれるエージェントの存在です。

    続きへ