ネイティブアプリ開発で一攫千金

今始めるなら「ネイティブアプリ開発」

アプリ開発で稼げる!

広告収入でも稼げる 広告収入でも稼げる

一攫千金を得るための初めの一歩

iPhoneやiPadなどのiOSや、スマホやタブレットのAndroidは、世界中にあるモバイル端末のほとんどを占めているOSとして根付いています。それらのOSで利用するネイティブアプリは、有料化したり広告を組み込んだりすることで収入を得ることができる仕組みがあります。開発をする人の中には、会社員として給料をもらうのではなく、ネイティブアプリ開発者として一攫千金を目指す人も少なくありません。

  • iPhoneアプリの開発フロー

    iPhoneアプリの開発フロー 日本で絶大な人気を誇るiPhoneは、ユーザーが多いのでアプリ開発に関心を持つ人も多いことでしょう。iPhoneアプリ開発をするためには、MacとiPhone端末は欠かせない道具なので、もともとのユーザーであれば着手しやすいでしょう。開発環境はAppleから無料でダウンロードすることができますが、テスト以降はプログラムの登録料などが年間単位でかかることになります。では、iPhoneアプリ開発のフローはどのようなものでしょうか。

    詳しく見る

  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリの開発フロー 世界で高いシェア率を誇るAndroidは、端末もアプリも豊富にあります。Androidアプリ開発には初期費用がほとんどかからないことから、アプリ開発に興味がある人がチャレンジしやすいということでも人気があります。Androidアプリは、ストアへの公開前の審査なども特にないので、アプリさえ完成できれば誰でもすぐに公開できる手軽さがあります。では、Androidアプリの開発フローとはどのようなものでしょうか。

    詳しく見る

  • 高額所得者は3%もいる

    高額所得者は3%もいる アプリ開発で一攫千金は、プログラミングが好きな人やそれを仕事としている人ならば1度は頭をよぎったことがあることかもしれません。しかし、iOSもAndroidも相当数のアプリが公開されている中で、高額所得者はどの程度いるのだろうかと疑問に思うかもしれません。ある調査結果によると、アプリ開発による高額所得者がどの割合で存在しているのかを知ることができますが、そこからアプリ開発の収益についていろいろと読み取ることができます。

    詳しく見る

  • 広告収入でも稼げる

    広告収入でも稼げる ネイティブアプリの収入源には、有料アプリのダウンロード収入と広告収入があります。Androidの場合、開発したアプリを審査なしですぐに公開することができるため、無料のアプリに広告を表示させるという形式のものが多いのが特徴です。広告収入は、アプリに表示された広告がクリックされることによって発生するため、いかに多くの人にアプリをダウンロードしてもらい、広告クリックのチャンスを増やすかが成功のポイントになります。

    詳しく見る

新着情報

  • 高額所得者は3%もいる

    ネイティブアプリ開発に関心を持っている人の多くは、アプリ開発で多額の収益を得ている高額所得者など本当にいるのだろうかと考えるかもしれませんが、確実にそのような人は存在しています。しかし、収入と呼べるほどのものにはならないという人が少なからず存在することも事実です。では、高額所得を得ているアプリ開発者は実際どの程度いるのでしょうか。また、有料アプリと広告付きの無料アプリではどちらが多く稼げるのでしょうか。

    続きへ
  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリは、ネイティブアプリ開発の中でも費用がほとんどかからないので気軽にチャレンジすることができます。開発にあたって使用するパソコンも種類を選ばないので、環境を整えやすいというのも魅力です。開発やテストにあたっては、便利なツールなどを活用すれば初心者でもいろいろな機能を持たせたアプリにすることも可能なので、最初にしっかりとした企画を立てて、ステップをひとつずつクリアしていきましょう。

    続きへ
  • iPhoneアプリの開発フロー

    Apple社のモバイル端末として有名なiPhoneは、日本国内での人気がとても高いので、アプリの利用者もたくさんいます。アプリ開発にはAppleから専用の環境をダウンロードしたり、有料のプログラムを購入したりする必要があるので、ネイティブアプリ開発の中では初期費用がかかりますが、収益化して一攫千金を狙うならiPhoneアプリ開発がおすすめです。では、iPhoneアプリ開発フローとは具体的にどのようなものでしょうか。

    続きへ

こちらの記事もおすすめです!

  • スマホ普及率による将来性

    スマホが幅広く普及しているということは、一歩街に出れば一目でわかる事実です。スマホをどのように利用するかは人によっていろいろですが、必ず何らかのアプリを使用しています。このように、短い期間のうちにあっという間に普及したスマホなどの端末に対応するネイティブアプリ開発は、今後さらに多くのことが求められるようになっていくことが予想されるため、ITエンジニアにとっては将来性のある分野と言えます。

    続きへ
  • 案件のトレンドをチェック

    エンジニアの需要が常に多いネイティブアプリ開発を手がけるフリーランスのエンジニアにとって、業界のトレンドの流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要です。日本国内ではiOSとAndroidの2つが圧倒的な強さで高いシェア率をキープしています。アプリ開発の内容としては、ゲームやSNSなどが中心であることは今も変わりませんが、注目すべき点としては、IoTに関係する案件も増加しはじめているということです。

    続きへ
  • 効率よく案件を確保するならエージェント

    IT業界では、様々な企業において人材が不足している状況で、フリーランスのエンジニアが数多く求められているという現状があります。一方で、フリーランスとして十分通用するだけの知識や技術があるエンジニアだったとしても、営業や交渉に抵抗があって一歩踏み出せないということがあります。そんな問題を一気に解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの営業から案件参画までフルサポートしてくれるエージェントの存在です。

    続きへ