ネイティブアプリ開発経験者は引く手あまた

今始めるなら「ネイティブアプリ開発」

アプリ開発で稼げる!

効率よく案件を確保するならエージェント 効率よく案件を確保するならエージェント

経験者は引く手あまた

Pocket

エンジニアが足りない

スマホを使用している人であれば、1日のうちに1度もスマホを使わないという人はあまりいないのではないでしょうか。使用の用途としては、いくつものSNSを駆使している人やゲームに熱中する人、仕事やプライベートに便利なツールを活用する人などと人それぞれですが、その時必ず使用しているのがモバイル専用に開発されたネイティブアプリです。大人から子供まで多くの人が毎日何らかのアプリを利用している実態からも、ネイティブアプリ開発者が多く求められているというのは納得です。アプリを端末にダウンロードする際に、数多くのアプリから選ぶことができますが、それらのアプリを公開しているのは企業だったり個人だったりと、アプリ開発のスキルを持った人であれば誰でも公開することが可能です。そこに多くの給料を支払ってでも人材を獲得したい企業はたくさんあるので、アプリ開発経験者はとても歓迎される状況です。

企業のアプリ開発現場の現状とは

ネイティブアプリ開発の仕事の多くは、ゲームやSNSなど利用者が多い人気サービスを扱う分野です。人材は常に不足しているのが現状なので、1つのアプリ開発プロジェクトに大勢のメンバーがいるとは限らず、少ない人数での開発を求められる現場も数多くあります。アプリ開発の大まかなフローとしては、企画をしっかりと練ってから開発に着手し、テストを重ねた上で公開という流れになりますが、エンジニアやデザイナーなどが個々の分野の仕事に集中するというよりは、それぞれがアイデアを出し合っていかなければならないことも多くあり、エンジニアとしての技術以上のものが求められていることも確かです。

アプリ開発経験は最大の武器になる

個人的にプログラミングに関心があり、個人でネイティブアプリを開発したことがあるという人は大勢います。その中には、公開したアプリから多くの収益を手に入れたことのある人もいることでしょう。プログラミングの知識や技術があっても、実際にネイティブアプリの企画開発などを行った事がないエンジニアは大勢いて、そのような人達も企業にとって貴重な人材なのはもちろんですが、ネイティブアプリ開発を実際に企画から公開までこなすことができる人材は、企業が今すぐにでも欲しいと思っている人材像です。ネイティブアプリはiPhoneやAndroidなどの端末ごとに開発環境が異なるので、できるだけ幅広い種類のアプリ開発に対応できる人材の方が喜ばれますが、多くの人に支持されるアプリを開発した経験がある人は、その経験を企業で活かせばさらに収入を増やすことができるでしょう。

新着情報

  • 高額所得者は3%もいる

    ネイティブアプリ開発に関心を持っている人の多くは、アプリ開発で多額の収益を得ている高額所得者など本当にいるのだろうかと考えるかもしれませんが、確実にそのような人は存在しています。しかし、収入と呼べるほどのものにはならないという人が少なからず存在することも事実です。では、高額所得を得ているアプリ開発者は実際どの程度いるのでしょうか。また、有料アプリと広告付きの無料アプリではどちらが多く稼げるのでしょうか。

    続きへ
  • Androidアプリの開発フロー

    Androidアプリは、ネイティブアプリ開発の中でも費用がほとんどかからないので気軽にチャレンジすることができます。開発にあたって使用するパソコンも種類を選ばないので、環境を整えやすいというのも魅力です。開発やテストにあたっては、便利なツールなどを活用すれば初心者でもいろいろな機能を持たせたアプリにすることも可能なので、最初にしっかりとした企画を立てて、ステップをひとつずつクリアしていきましょう。

    続きへ
  • iPhoneアプリの開発フロー

    Apple社のモバイル端末として有名なiPhoneは、日本国内での人気がとても高いので、アプリの利用者もたくさんいます。アプリ開発にはAppleから専用の環境をダウンロードしたり、有料のプログラムを購入したりする必要があるので、ネイティブアプリ開発の中では初期費用がかかりますが、収益化して一攫千金を狙うならiPhoneアプリ開発がおすすめです。では、iPhoneアプリ開発フローとは具体的にどのようなものでしょうか。

    続きへ

こちらの記事もおすすめです!

  • スマホ普及率による将来性

    スマホが幅広く普及しているということは、一歩街に出れば一目でわかる事実です。スマホをどのように利用するかは人によっていろいろですが、必ず何らかのアプリを使用しています。このように、短い期間のうちにあっという間に普及したスマホなどの端末に対応するネイティブアプリ開発は、今後さらに多くのことが求められるようになっていくことが予想されるため、ITエンジニアにとっては将来性のある分野と言えます。

    続きへ
  • 案件のトレンドをチェック

    エンジニアの需要が常に多いネイティブアプリ開発を手がけるフリーランスのエンジニアにとって、業界のトレンドの流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要です。日本国内ではiOSとAndroidの2つが圧倒的な強さで高いシェア率をキープしています。アプリ開発の内容としては、ゲームやSNSなどが中心であることは今も変わりませんが、注目すべき点としては、IoTに関係する案件も増加しはじめているということです。

    続きへ
  • 効率よく案件を確保するならエージェント

    IT業界では、様々な企業において人材が不足している状況で、フリーランスのエンジニアが数多く求められているという現状があります。一方で、フリーランスとして十分通用するだけの知識や技術があるエンジニアだったとしても、営業や交渉に抵抗があって一歩踏み出せないということがあります。そんな問題を一気に解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの営業から案件参画までフルサポートしてくれるエージェントの存在です。

    続きへ